内容証明 川崎市 示談書 不倫 慰謝料請求 行政書士 相続 遺言 武蔵小杉 東横線 南武線 幸区 高津区

不倫の慰謝料の算定 - 川崎市中原区 不貞行為

収入・資産によって

不倫の慰謝料の算定の要素はたくさんあることになっています。
「当事者の収入・資産の額」はどのように反映されるでしょうか。

たとえば

  • 「資産・収入」ですが、お金持ちが不法行為をしても、貧乏な人が不法行為をしても、不法行為に違いはない。
  • お金持ちかどうかによって、不倫の慰謝料の額が増えたり減ったりするのは不合理である。

という意見があります。


    不倫の慰謝料 武蔵小杉

罰金と不倫の慰謝料

交通違反で罰金を支払う場合、「〜をしたら罰金はXX円」と決めてしまうと、不公平が生じると私は思います。

たとえば罰金が30万円だとしても、

  • 年収が150万円の人
  • 年収が3千万円の人
  • 年収は150万だが、親から毎月15万円の小遣いをもらっている人

上の例では、罰金の「30万円」の重さが異なります。
年収が3千万円で、ゴルフ大会で優勝したから30万円かけてパーティができる人にとって、30万円の罰金は「安い」でしょう。
年収150万円の人が、毎月なんとかやり繰りをして、さらに年老いた親に仕送りをしているとすれば、30万円の罰金はかなりの負担です。

極端な例をあげましたが、罰金の額が一律では、「お金持ちには罪を軽くし、貧乏な人には罪を重くしている」のと変わりません。(外国ですと、罰金が「年収の何パーセント」と定められる場合があるそうです。)

不法行為と不倫の慰謝料

上の例は交通事故での「罰金」です。今問題にしているのは、不法行為である不倫の慰謝料の額です。
不倫の慰謝料ですから、これは不法行為をした人を罰するのではなく、精神的損害を受けた人を慰謝するものです。慰謝料とは「心の修理代」といってもよいと思います。

交通事故と罰金との関係でいうと、お金持ちが事故を起こしても貧乏な人が事故を起こしても、車の修理代は変わりません。
夫(あるいは妻)が不倫をして、傷ついたのですから、当事者がお金持ちがどうかによって「修理代」が変わるでしょうか。
裁判例では、相姦者の資産の有無・多寡は、慰謝料に無関係というものがあります。

相姦者がお金持ちの場合、不倫の慰謝料を苦労して支出するのと、ポケットマネーで気軽に「ポンッ」と出したのでは、「心の修理」に影響を与えると私は思います。

不倫の慰謝料は、本来「制裁・復讐」ではありませんが、やはりそういう心理が多少なりとも働くでしょう。「タテマエ」や「きれいごと」にこだわらなければ、「相手の痛手」が「心の修理」に及ぼす影響はあるはずです。
私の知る限り、実務上、このように感じている弁護士は多いようです。また、昭和40年代までの裁判ですと、当事者の資力などを考慮したようです。


    不倫の慰謝料 算定 川崎

資力と不倫の慰謝料

かつては、裁判で当事者の資力を考慮して不倫の慰謝料を決めていたけれども、最近はあまり考慮しないらしいと思っていたほうがよいと思います。
ただし、当事者で協議をして示談書合意書を作成し、収束させる場合は、資力を考慮したほうがよいと思います。

私が実際に示談書合意書作成の相談を受けた事例でも、相姦者がまだ学生であるために、不倫の慰謝料を安くするというケースは多いと思います。

不倫の慰謝料の算定(離婚するのか、しないのか)

不倫の慰謝料は、不貞行為による不法行為があった後、その夫婦が婚姻破綻した場合と、婚姻生活を続ける場合で額が変わるといわれています。

離婚にいたった場合も、不倫(不貞行為)だけが離婚原因なのか、それとももともと離婚原因があって、不倫は離婚の単なるきっかけだったのかというのは重要な問題です。

不倫発覚後に離婚をしたかしていないかという形式的・表面的なことだけでは、不倫の慰謝料の増減が決まるわけではありませんが、離婚したかしていないかは客観的にわかることなので重視されやすいといえます。

不倫の慰謝料の算定要素

不倫の慰謝料額の算定には、

  • 婚姻期間
  • 不倫開始時の夫婦関係
  • 不倫の期間
  • 不倫の当事者の積極性
  • 不倫相手との同居の有無
  • 不倫中の妊娠の有無
  • 不倫相手との間に子がいるか
  • 被害者の苦痛の程度
  • 当事者の社会的地位・資力

など、考慮すべきことはたくさんあります。
これらをどのくらい正確に把握し評価できるかは、また別の問題です。

とりあえず今は離婚しないけれども、場合によっては後日離婚することになるかもしれません。
しかし、かつての不倫の際に、不倫の慰謝料のやりとりがあって、示談書合意書で「精算」が済んでいると、そのときの不倫相手に慰謝料(離婚にいたったので更なる慰謝料)を請求するのはむずかしいと思われます。

もし、不倫が原因でいずれ離婚するのかもしれないのでしたら、慰謝料の授受や示談書合意書(合意契約書)の作成は待ったほうがよいでしょう。証拠は確保しておいてください。また、不倫・不貞行為のあったことを内容証明郵便などで残しておけば、それも証拠となると思います。

さらに、内容証明郵便での請求や協議に応じないとか、謝罪がない、今後は交際しないなどの誓約書を差し入れないとなれば、相手方の不誠実(反省をしていないこと)も明らかとなるでしょう。反省もなく不誠実であれば、慰謝料請求額を高くするしかないと思います。

むやみに内容証明郵便を出すのは危険だったり、逆効果だったりすることもありますが、どちらかといえば内容証明郵便を出しておくと後日役に立つことが多いと思います。

「どうしてもやむを得ない事情があれば、内容証明郵便を出す。」のではなく、
内容証明郵便で主張・請求するけれども、事情によっては出さないほうがよい。」というのが基本的な考え方でしょう。


    慰謝料請求 川崎 溝ノ口

不倫の慰謝料の実際の額

不倫の慰謝料の算定にはたくさんの要素があるとはいえ、「算定表」のようなものにあてはめて計算できるのかというと、あまりそれはあてにできないようです。

一般に、示談よりも訴訟の場合のほうが慰謝料額は低いでしょう。
ただ、相手に反省や誠意がみられないので、慰謝料額に関係なく、訴訟というものを起こしたいというケースもあります。

ただ、弁護士費用・労力・時間、さらに自分や自分の配偶者が法廷に呼ばれては困る、という事情などを総合的に判断すれば、示談と訴訟とどちらがよいでしょうか。
裁判というのは「非常にカドの立つ手段」だという考えの人はまだ多いと思いますが、必要があれば積極的に法廷に出ないと、一方的に損をしかねません。

なかには、不倫の慰謝料請求として、とにかく相手からたくさんのお金を取りたいという場合もあります。それは、お金がほしいからかもしれませんし、お金の問題ではなくたくさん反省させたいからかもしれません。

不貞行為は不法行為ですから、不法行為の損害賠償は法的には金銭賠償が原則です。
お金をたくさん取るほど効果があるようにも思えますが、依頼者さんと面談をしていると、どうも一概にそうともいえないケースもあるようです。あくまでも依頼人ご本人の意向を尊重します。


    不倫の慰謝料 南武線 東横線

不倫の慰謝料の行政書士

円満な婚姻関係を破壊するとされている不貞行為ですが、法的には不法行為に該当し、損害賠償請求ができます。不倫の慰謝料請求とは損害賠償請求です。

通常は、お互いに大人ですから、「大人らしい解決」「協議で示談成立」を目指してください。第三者である裁判官に判断していただかなくても、たいてい答えはみえているものです。

決断の遅さは、解決の遅さにつながります。遅くなって、事態が好転することは少ないですから、行動早いほうがよいのですが、気が動転していたり、感情的になっていると判断が鈍りますから、そういう場合はご相談・ご依頼ください。
彩行政書士事務所は、川崎市中原区に本拠を置いています。

  • 東急東横線沿線
  • JR南武線

をご利用の方、

  • 武蔵小杉
  • 元住吉
  • 武蔵中原
  • 武蔵溝ノ口

の各駅をご利用の方などには便利です。

業務内容にもよりますが、面談をせずにメールでの業務も可能です。(すべての業務が可能なわけではありません。また、電話だけの相談は可能なことがありますが、電話だけでの業務受任はできないと思います。何か事情がある場合は、お問い合わせください。

業務時間・相談時間は、一応

  • 8時45分〜18時

としていますが、

  • 土曜日
  • 日曜日
  • 就業後21時まで(相談開始は20時までが目安)

の時間には対応できるようにしています。また、
それ以外の時間に、心配なことがある場合や、急いだほうがよいのではないかと思われるのでしたら、メール・電話(携帯電話に転送)でできる限り対応いたします。

公共の場や会議中などで電話に出られないとか、夜中の寝ている時間ですと対応は難しいです。留守電にメッセージを残していただければ、なるべく早くご返事します。プライベートな旅行先からでも可能な限り対応させていただきます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional