内容証明 川崎市 示談書 不倫 慰謝料請求 行政書士 相続 遺言 武蔵小杉 東横線 南武線 幸区 高津区

連帯債務 - 不倫の慰謝料 川崎 武蔵小杉

不倫の慰謝料請求

連帯債務というのは普通の売買でもありますが、慰謝料請求、特に不倫の慰謝料請求などの基礎知識となるので重要です。基本はご存じの方も多いと思いますが、実務となると意外と複雑ですし、勘違いをしている人もよくおられます。
以下、学問的ではありませんが、概略をお話ししますので、ご存じでない方は参考になさってください。


    不倫の慰謝料 川崎

連帯債務とは

たとえば3千万円の小型飛行機が欲しいけれども高くて買えないとします。ひとりでは買えなくても、同じような事情の人が3人集まって共同購入するとします。現実にはいろいろな購入手段がありますが、ここでは便宜上、Aさんから、甲・乙・丙が共同で買うとします。しかも、3千万円は3人で連帯して返済することにします。
共同購入ですが、甲・乙・丙が「連帯」していると、Aさんは少し安心です。連帯債務といいます。

連帯債務のメリット

連帯債務の場合、Aさんは、3千万円を甲さんひとりにでも請求できます。甲さんは、自分の分は1千万円だけだから、それ以上は払わないとはいえません。これが連帯債務です。
もし、甲さんが3千万円払えば、Aさんとしては何も文句はないはずです。
ですから、Aさんは、乙さんにも丙さんにももう請求できません。Aさんは満足したのです。

もし、Aさんが、甲さんに請求しても、甲さんが支払えるのはせいぜい500万円だと思うなら、Aさんは、
 甲に500万円
 乙に2千500万円
を請求しても差し支えありません。丙には請求しなくても構いません。要するに、3千万円を、甲・乙・丙にどのような割合で請求しても構いません。

支払ってもらえそうな人とか、請求しやすい人に請求すればよいのです。
 Aさんは、甲さんに3千万の債権を持ち、
 また乙さんにも3千万の債権を持ち、
 さらに丙さんにも3千万の債権を持っています。
つまり、Aさんは、この小型飛行機の売買で3つの債権を持っています。
ただし、甲・乙・丙の誰かが弁済した分については、他の人に対する債権もその分減少します。これが連帯です。

負担部分

3千万円を3人で支払う約束なら、Aさんはそれで構いませんが、3人の間で決めておかなければならないことがあります。それが「負担割合」「負担額」です。
3千万円を3人で支払うとしても、その飛行機を使用するのが、甲は週に4回、乙と丙は1回だとすると、甲が乙・丙よりたくさん支払って購入するのは自然なことでしょう。
そうすると、甲・乙・丙の3人で3千万円支払うとしても、
 甲は2千万円
 乙は500万円
 丙も500万円
という支払い約束でもいいでしょう。とにかく、負担額の約束(特約)が必要です。


    慰謝料 求償権 川崎

求償権

上の例のように、
 甲が2千万円
 乙が500万円
 丙も500万円
という約束でも、Aは、
 丙に3千万円全額の支払いを請求する
ことができます。これが、連帯債務のメリットなので、それでいいのです。

丙はAに対しては、3千万円支払いますが、これでは、甲・乙・丙の間では初めの約束と違ってしまいます。
丙は3千万円のうちの500万円だけを支払う約束でした。
そこで、丙は初めの約束どおりにするために、
 甲には2千万円、
 乙には500万円
を請求できます。これを「求償する」「求償権の行使」といいます。

このやりとりは、甲・乙・丙の間だけの問題で、「内部関係」といいます。Aに対しては「外部関係」といいますが、ここで、Aはもう関係ありません。丙が支払った3千万円を、甲・乙・丙で調整するうえで喧嘩になっても、Aには関係ありません。

Aは連帯債務にしておいてよかったということになります。債権の効力を強化する働きがあったわけです。
よく保証人をたてるとか、担保を供することがありますが、債権の効力を強化するという点では似ています。

債務の免除

負担割合が
 甲が2千万円
 乙が500万円
 丙も500万円
だとしても、たとえばその後、Aが事故に遭いそうなところ、甲の救助でAの命が助かったというようなことがあって、Aは甲に恩返しをしたいと考えたとします。

飛行機の購入時の負担割合でいくと、甲は2千万円支払うのですが、Aが甲に600万円「おまけ・サービス」をしてあげたいと申し出ることにしました。すると、
 甲が1千400万円
 乙が500万円
 丙も500万円
ですから、トータルすると、2千400万円になります。

ここで、丙がひとりで2千400万円支払うと、Aの債権は満足されますが、内部の求償関係は
 2400÷3=800
にはなりませんし、おまけをしてもらった600万円を
 600÷3=200
と計算し、
 甲が1千800万円
 乙が300万円
 丙も300万円
ともなりません。

Aは、甲だけに600万円のおまけ(免除)をしたいのであって、乙・丙に対しては初めの約束と変わりませんから、
 甲が1千400万円
 乙が500万円
 丙も500万円
で、合計2千400万円となります。

つまり、「債務者のひとりにした債務の免除は、他の債務者に影響を及ぼさない」ことになります。
債務の免除は、不倫の慰謝料請求でも問題になりますが、上記の説明では足りませんのでご注意ください。

他の連帯債務に影響するもの

債務者がひとりでない場合、他の連帯債務者に影響するかしないかが問題ですが、単純な連帯債務の場合は、ほとんど他の連帯債務者に影響しません。

念のため書いておきますと、
 弁済、代物弁済、供託、履行の請求、更改、相殺、免除、混同、時効の完成など
が、他の連帯債務者にも影響を及ぼすとされています。細かな規定がまだありますが、以上の説明で足りなければ具体的にご相談ください。

不倫の慰謝料請求

不倫の慰謝料請求では、不法行為による損害賠償の債務者がふたりいます。配偶者と、不倫(不貞行為)の相手方です。
このふたりは、連帯債務を負うことになりますが、通常の(上記の説明の)連帯債務とは違って、不真正連帯債務を負うということが重要です。


    不倫の慰謝料 川崎市 中原区

川崎市中原区の行政書士

彩行政書士事務所は、川崎市中原区に本拠を置き、武蔵小杉で面談等をおこなっています。
武蔵小杉駅は、東急東横線とJR南武線が交差し、それぞれいくつかの路線が乗り入れていますから、アクセスが便利です。

平日の就業後、夜7時・8時でも面談ができるようにしています。ご相談ください。

平日の面談ができない場合には、土曜・日曜・祝日でも対応しております。時間の都合がありますから、まずご連絡をいただき、予約をお願いします。

通常は面談してから受任しますが、事案によっては電話・メールだけでの対応も可能なことがあります。お申し出ください。

無料相談

ひと言でお答えできるような相談は、無料相談としてお電話でお受けします。他にも、電話でできる一般的なアドバイスで済めば料金をいただくほどのことはありません。お気軽にご連絡ください。

ただし、ご本人が「イエスかノーか」のひとことで済む相談だと思っている場合でも、意外と複雑なことがあります。それはきちんと面談で事情をうかがわないとお答えできませんので、ご理解ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional