内容証明 川崎市 示談書 不倫 慰謝料請求 行政書士 相続 遺言 武蔵小杉 東横線 南武線 幸区 高津区

不倫の慰謝料の減額 - 相場 川崎 武蔵小杉

不倫の慰謝料の相場

不貞行為による精神的損害賠償請求不倫の慰謝料請求)をする場合、その額がいくらなのかということは大変難しい問題です。
そもそも金銭で解決するのかということもあります。

一般的には、受け取った慰謝料を医療費に当てることができるでしょう。配偶者の浮気・不倫・不貞行為で、うつ状態や不眠などに陥る人が多く、通院していることがよくあるからです。

慰謝料というお金をもらうことが目的ではなく、不貞行為・交際をやめること、謝罪することが問題だという人も多いですが、慰謝料をとることで精神的に区切りがつくことも多いようです。
慰謝料を、趣味や旅行などに使って、気分転換をすることも考えられます。

ですから、不倫の慰謝料を請求する、支払うということは大切だと思います。
しかし、いくらにしたらよいのかわからないので、

という相談を多くいただきます。

よく「300万円」という額が聞かれます。
しかし300万円なのか、10万円なのか500万円なのかは、当事者が考えることです。まずは「主観的判断」によります。

私の知る限り、10万円から1千万円まであります。(「慰謝料ゼロ円」もあります。) 平均額は算定できませんし、統計というのもほとんどアテにはなりません。

行政書士が、それを少なすぎるとか、多すぎるから変更するようにとはいいません。ただし、後日に備えて裁判例の紹介や法規上のアドバイスは可能です。

慰謝料請求される側と慰謝料請求する側の協議・話し合いがまとまらなければ、裁判所でということになります。「客観的判断」になります。
「主観」と「客観」にズレがあるのは仕方がありません。

裁判官に決めてもらうとなると、従来の裁判例や個別の状況などを考慮してということになります。
裁判は、よく言われるように、時間・費用・労力がかかります。
もっとも労力は、すべてを弁護士任せにすれば、それほどではないかもしれません。


    不倫の慰謝料の減額 川崎 武蔵小杉

不倫の慰謝料請求で訴訟

不倫の慰謝料請求に対して、減額の申し出があり、その結果、双方の意見が一致せず訴訟をすることになると、慰謝料請求する人のなかには、

  • 慰謝料の額を当初の請求よりも増額して訴え、
  • 訴訟費用を相手方に支払わせ、
  • 弁護士費用も相手方に負担させる、

という内容証明を送る人がいます。

訴訟費用は裁判所に支払う手数料のようなもので、不倫の慰謝料請求全体からみると、問題にならないくらいの額だと言ってよでしょう。「それっぽっちでいいのですか?」というほど安いです。訴訟で費用がかかるのは、弁護士費用です。

弁護士費用も相手に請求

弁護士費用は、訴訟で勝っても負けても、「自分が依頼した弁護士に支払う費用は自分で支払う」のが原則(自己負担)で、相手(不倫の慰謝料請求をされた側)に支払わせることができる場合も10パーセント程度のようです。仮に、不倫の慰謝料請求する側の弁護士費用が100万円なら、

  • 慰謝料請求をされた側の支払うのは、「自分で依頼した弁護士費用」プラス「10万円」
  • 不倫の慰謝料請求をした側が支払うのは、「自分で依頼した弁護士費用」プラス「90万円」

ということになります。これは非常に大雑把な目安ですから、詳しくは弁護士事務所にお尋ねください。


    慰謝料 不倫 中原区

不倫の慰謝料の減額

不倫の慰謝料請求をする側は、普通は怒っていますから、「主観的」に大きな額を請求したくなると思います。もっとも、専門家に相談するなどして、初めから妥当な(常識的な・相場の)額を請求する人も多いです。
不倫の慰謝料請求をされる側としては、たとえ相手の主張どおりに支払いたいと思っても、必ずしもその額を用意できるわけではありません。

手持ちの現金や預貯金がないなら、家や土地を売ってでもというなら可能かもしれません。実際、訴訟になって、請求額が確定したのに、それだけの現金がなければ、家や土地を競売にかけて現金化して、慰謝料とすることも可能でしょう。

しかし、パンを1個盗んで10年の懲役刑では、バランスが悪すぎて認められないのと同様、不倫の慰謝料請求をする人の(主観的な)請求額が高すぎることもあります。
「今後、毎月5万円を一生振り込んで支払いなさい。」という主張も聞いたことがあります。こういう合意書示談書契約書を作成しないためにも、専門家に相談したり、合意書等の作成を依頼したほうが良いでしょう。
請求された側としては、不倫の慰謝料の減額や請求の変更等、再検討するように申し出ましょう。

普通は、500万円の慰謝料を支払わせたいと思っても、なかなか思い通りにはいきません。何が何でも500万円で、一歩も譲歩しないというのでは、おそらく解決しません。実際、一歩も引けないという方もおられますので、そういう場合は訴訟をしてみるしかないでしょう。
示談や協議には、常識と譲歩、解決への意欲が必要です。

不倫の慰謝料請求の協議

「何が何でも譲歩すべき」と言っているのではありません。
あなたが「公園のベンチにおにぎりを置いたまま手を洗いに行き、戻ってみたら他の人が食べようとしていた」とします。戻ってきたあなたと
「これは自分のものだ」
とお互いに言い争いになったとき、盗った人が、
「お互いに『これは自分のだ』と言っていても水掛け論だから、お互いに譲歩して半分ずつにしよう。」
と提案したら、あなたはその譲歩案を受け入れますか?

それはだめですね。
なぜなら、これは「水掛け論」ではないからです。刑法上の問題はともかくとして、常識的に大雑把に考えますと、あなたの主張が100パーセント正しいのです。しかし、実際に、
「なるほど半分ずつにすれば、穏便に解決する」
と思う人もおられるようです。

行政書士は、協議に立ち会って、法規の説明をすることはありますが、
「こうしてください」
「あなたのほうが悪いです」
と言うことはありません。しかし、第三者として聞いていると、上のような「間違った水掛け論」を耳にすることがあります。

協議の記録、議事録、合意書案をあとで(署名押印する前に)検討してみれば、当事者自身がたいてい自分でわかることなので、やはり書面にすることは重要です。川崎市中原区、武蔵小杉の彩行政書士事務所では、協議書・合意書示談書契約書作成をサポートしています。

不倫の慰謝料請求をするにしても、不倫の慰謝料請求をされたとしても、当事者が協議結果に納得すればよいのですが、なるべく客観的に妥当な結論にしたほうが、将来的にも満足できるものになると思います。
そのときはよいと思っても、後で考えたら、腹が立ってきたという経験はありませんか?
妥協して遠慮しすぎたという場合もあるでしょうし、強くやりすぎたと後悔することもあるかもしれません。


    不倫の慰謝料 川崎 武蔵小杉

川崎市中原区の彩行政書士事務所

彩行政書士事務所は、川崎市中原区に本拠をおき、武蔵小杉で面談等をしています。
元住吉、武蔵中原、溝の口、川崎など駅のそばでの面談もお受けします。
それだけでなく、武蔵小杉はJR南武線・東急東横線の乗り入れ駅ですから、南武線沿線・東横線沿線の出張も容易です。

出張は、参考資料が多いとか、何が必要かわからないとか、持ち歩かないほうが安心だとか、紛失しては困るようなときには便利です。

彩行政書士事務所では、就業後の午後7時・8時でも面談をしています。
また、土曜・日曜・祝日でも、可能な限りお受けします。
まずは、電話・メールでお問い合わせください。

電話は時間外でもできる限り対応しますが、必ず24時間体制というわけにはいきません。私が業務終了後、帰宅途中とか食事中でも、できる限り対応しますが、「詳しくは後ほど」ということもあります。心配で落ち着かないのでしたら、まずはお電話ください。

電話は便利なのですが、「何が問題なのか」がわかりにくいことがあります。面談中などであれば、かかってきた電話にゆっくり対応できないこともあります。こういう場合は、後ほどきちんとお話をうかがいます。

メールできちんと記してもらえれば問題点はつかみやすいのですが、受け応えに時間がかかりがちです。しかし、メールは夜中に送っておけば、朝一番で拝見して、緊急度に応じて返信するか、お電話を差し上げます。お気軽にご利用ください。

電話やメールなどを併用していくと便利です。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional