内容証明 川崎市 示談書 不倫 慰謝料請求 行政書士 相続 遺言 武蔵小杉 東横線 南武線 幸区 高津区

損害賠償 - 内容証明 川崎市 行政書士

損害賠償

損害賠償を請求するのは意外と難しいです。
損害を受けた分を賠償させればよいだけのような気がするのですが、具体的な損害賠償請求には注意点がたくさんあります。


    損害賠償 内容証明 川崎

損害賠償の範囲

刑法の話になりますが、たとえばケンカでAさんがBさんを殴ってケガをさせれば傷害罪でしょう。
そして、ケガの治療のために、Bさんが入院して治療していたとします。
入院中、病院が放火されて、Bさんが火事で死亡した場合、どうなるのでしょうか。

BさんにケガをさせたことについてAさんに責任があることは明らかですが、死亡についてはどうでしょうか。
殺したわけではありませんから、殺人罪にはならないような気がします。
しかし、AさんがBさんを殴って、入院させるようなことにならなければ、Bさんは死亡することはありませんでした。死亡したことについてもAさんに責任があるような気もします。
Bさんの遺族は、Aさんにどこまで責任追及(損害賠償請求)することができるでしょうか。

損害賠償請求の例

知り合いがとても便利なものを開発し、評判が大変良いので、製造工場まで建てました。どんどん配達しなければなりません。
そこで、あなたは勤務していた会社を退社して、運送業を始めることにしました。
業務内容は明らかです。その知り合いの製造した品を運搬することです。
すでに製品は工場で製造されていますから、出荷に間に合うようにトラックの注文をしました。
しかし、トラックが届いた日の晩に、このトラックをCさんが盗んで、海外に売却してしまいました。

これで、すでに約束していた製品配達ができなくなりました。
最初に配達する分が終われば、当然、次の生産分の運搬も任されるはずでしたが、これも受注できなくなりました。

トラックは、製品を運搬し、予定の場所で降ろせば荷台はカラになりますから、帰路、別の荷物の運搬ができるように調整していましたが、トラックがないので、この仕事もあきらめなければなりません。これについても大変な損害をこうむった気がします。
Cさんにできる損害賠償額はどうやって算出したらよいでしょうか。


    契約 内容証明 川崎

損害の種類

損害には2種類あります。「信頼利益」と「履行利益」です。

  • 信頼利益:有効でない契約が有効に成立したと信じたために受けた損害が信頼利益です。契約のために目的地まで行くのに要した交通費などがそうです。
  • 履行利益:契約がきちんと履行されれいれば得ることができたであろう利益です。契約どおりに商品を購入したとすれば、それを高値で転売して利益を得ていただろうというような場合です。

実際の損害賠償請求

大きな契約のときには、あらかじめいろいろな場面を想定して、いざというときになるべく困らないように工夫してあるはずです。とはいっても、すべての状況を確実に予想することは不可能ですから、完璧な契約書というのはないと思っておくべきです。極力、すべてのパターンをカバーするようにして、あとは「双方がその都度、誠実に協議して決める」ことになると思います。

共同で何かを始めるときには、意気投合していますから、詳細な契約書など作成せずに、どんどん話を進めていることがあります。一応、規則はあると思いますが、正確な定めがないことがあります。

その後、うまく成果が出ないなどということになると、お互いの責任の範囲とか、権限などについて意見が食い違ってくると思います。発生した損害についても、誰にどんな義務や責任があるのか、誰が賠償するのかという問題が生じます。

損害賠償請求の前に

もともとの契約が厳密でないほど、損害賠償などの協議が難しくなります。そこで、法的判断とか、もし裁判にしたらどうなると考えがちですが、簡単に言いますと、極力、協議で解決することをお勧めします。

内容証明郵便などで双方の主張をきちんとまとめること、そして第三者に相談すると、およその結論は見えてくることがほとんどです。

損害額を正確に算定するのも難しいことがあります。


    川崎 中原区 行政書士

川崎市中原区の行政書士

東急東横線とJR南武線の交差する武蔵小杉駅を中心に活動しています。

  • 川崎市中原区・幸区・高津区・宮前区・麻生区・多摩区・川崎区
  • 横浜市港北区
  • 東京都大田区・世田谷区・目黒区・渋谷区・新宿区

など、面談が簡単にできます。

川崎市内全域、横浜市、東京都など、面談に便利な地域からのご依頼を多く受けていますが、業務内容になっては、お目にかかることなく全国対応しています。
大げさなことは言いたくありませんが、これまで青森・石川・福岡など、距離に関係なく依頼をいただいています。

実際にお目にかかってお話する面談は、平日は9時から18時までとしていますが、相談者さんの仕事の都合もありますので、

  • 平日20時まで
  • 土曜日
  • 日曜日
  • 祝日

でも可能なように工夫しています。
まずは、電話やメールでご連絡ください。

簡単にお答えるできること、一般的なアドバイスは、無料相談とさせていただきます。
また、ご連絡いただいて、電話やメールのやり取りの中で、お互いに信頼できるかどうか、安心して任せられるかどうかをお考えいただけれえばよいと思います。

また30分単位で有料相談もできます。
とりあえず、30分間相談し、引き続き依頼したほうがいいかどうかは、それから検討なさるのもよいでしょう。

内容証明郵便、慰謝料請求示談書合意書契約書、上申書、嘆願書誓約書謝罪文の相談など、はじめに有料相談料金をいただいても、それらの作成をお引き受けした場合には、有料相談の分は「預かり金」として最終的な料金から引いて精算いたします。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional