内容証明 川崎市 示談書 不倫 慰謝料請求 行政書士 相続 遺言 武蔵小杉 東横線 南武線 幸区 高津区

遺言の付言事項 - 揉めない遺言書 川崎 中原区

遺言を書くことができるのは

遺言は15歳以上の意思能力のある人(通常の判断力のある人)なら誰でもできます。何でも自由に書くことができますが、法的効力のある事項とない事項があります。細かいので具体的なことはお問い合わせください。

法定遺言事項

まず法定遺言事項についていくつか書いておきます。

  • や祭具を承継する人を指定すること。
  • 持戻しの免除
  • 遺産分割の方法の指定
  • 遺産分割を一定期間禁止すること
  • 遺産分割で取得する財産についての担保責任の指定
  • 相続財産に属しない権利の遺贈について
  • 生命保険金受取人の指定・変更

さらに詳しくは【法定遺言事項】(← クリック)をご参照ください。


    遺言の付言事項 川崎

付言事項

付言事項附言事項)は法定遺言事項に付け足しのような形で付される部分で、希望や事実に関する記述です。私は遺言に不可欠な事項だと考えています。それは以下のような理由によります。

  • なぜ法定遺言事項を書き、なぜそのような内容なのかという理由を記載することで、たとえば相続分を少なく指定された相続人は、遺言に対する不満が解消されるかもしれません。

遺言に対する不満とは、すなわち遺言者に対する不満で、その結果、他の相続人と不仲になる可能性は高いでしょう。亡くなった親などを供養する気が失せるような遺言書にしてはならないと思います。

  • また、その理由について、遺言者の勘違いであることが相続人たちの間で意見が一致すれば、遺言書の内容とは違う相続の仕方をして、相続人が和やかに相続できるかもしれません。おそらくそれは、遺言者が本当望んでいたことではないでしょうか。

もっとも、そのような状況判断の間違いをしないように、そして相続人たちが仲良く暮らせるような内容の遺言書にしておかなければならないでしょう。専門家である行政書士に相談だけでもしておくことをお勧めします。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional