遺留分遺留分減殺請求

遺留分減殺請求

遺留分と遺留分減殺請求

遺言書に「法定相続人であるAに、私の財産は一切相続させない。」と書いてあっても、特別な事情がないかぎり、一定の財産を相続分としてもらうことができます。これが遺留分です。

遺留分はたいていの場合、法定相続分の2分の1です。遺留分に満たない財産しかもらえていないという場合でも、訴訟をする必要はなく、他の相続人に通知するだけでよいのです。これを遺留分減殺請求といいます。請求したことの証拠となるように内容証明郵便を用いましょう。

内容証明郵便で遺留分減殺請求をすれば自動的に自分の口座に遺留分に相当する額が振り込まれてくるわけではありませんので、遺留分減殺請求をする前の準備、請求してからの手続きが難しいです。【財産開示請求】もご参照ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です