契約書

明渡し – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 契約書

不動産賃貸借契約が終了し、借りていた家屋等の中にある動産を撤去して、持ち主に返すと、これを「明渡し」といいます。

一般には「明け渡し」とも書きますが、契約書等では「明渡し」がよいようです。「け」が入りません。「甲が乙に明け渡す」というときには、「け」をつけるとされています。法律家でも、こういう点に厳格な人と、そうでもない人がいます。
「引渡し」「受渡し」も同様です。

「引渡し」は、物件の占有移転一般を言いますが、「家屋などの中にある動産をすべて撤去してから引き渡す」のが明渡しです。

「受渡し」は、売主が売るものを買主に、買主は売主に代金を相互に交換して、売買取引を決済することですが、法的には証券取引で用いられることの多い用語です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です