敷金返還

敷金返還請求とガイドライン – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 敷金返還

敷金の制度の詳細は、地方によって差があり、特に賃貸人の(家主さん)の運営方針(経営方針)によっても差があります。貸す人の立場と借りる人の立場も変わってきました。
そこで敷金返還についてのトラブルが増えてきました。契約ですから、当事者同士で契約書を交わせばよいはずなのですが、現実にはなかなか理想どおり(原則どおり)にはいきません。

住む場所についての問題ですから、放っておくわけにはいかなかったのでしょう。国土交通省が、敷金返還や原状回復についてのガイドラインを示しました。

ガイドラインですから法律ではありませんが、常識・一般生活・法的な扱い全体を考慮して作成したと考えてよいでしょう。

しかし、国土交通省のガイドラインを示しても、「法律ではないからしたがう必要はない。従来の慣行で敷金返還をする」と主張する人がいます。もちろん法律ではないので、そう主張するのはかまいませんが、一般に法廷でも国土交通省のガイドラインに沿った扱いがされるのではないでしょうか。

訴訟をするのは国民の権利であり、自力救済をすることが禁じられています。ただ実際には、裁判で双方が苦労し、損をすることが多々あります。

話し合い・協議・示談に応じず、自分の主張だけを繰り返したり、自分に非があるとわかっていながら負けを認めたくないという人を相手にすると、交通事故の「もらい事故」のように苦労します。不運としか言いようがありません。

もっとも、自分の生活態度によって、そのような人を呼び寄せてしまう人もいるのでお気をつけください。

話がこじれてしまう前に、川崎市中原区の彩行政書士事務所にご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.