内容証明

クーリングオフ – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 内容証明

内容証明郵便の使い方として

などがよく紹介されています。
最後に挙げたクーリングオフは、適切な期間内に適切に通知すれば何の問題もないはずなのですが、それでも問題になることがあります。

悪質商法・悪徳商法

それよりも「悪質商法」が問題です。「問題商法」ともいいます。以前は多くの人が「悪徳商法」といっていました。公式に話すときは問題商法と言っておくのが無難でしょう。

悪質商法の手口は複雑ですし、まねる人がいると困るので書きません。
こういうものはよく気をつけて、冷静に対処していればひっかかる(被害者になる)ことはなさそうなのですが、やはり、うっかり引っかかってしまうのが「悪質」商法(問題商法)です。

内容証明郵便一本で簡単に解決すればよいのですが、そう簡単ではないこともあります。悪質商法をしている人は「プロ中のプロ」のことが多いですから、弁護士も裁判所も太刀打ちできないかもしれません。大勢の被害者が多額の損失をしてから、やっと対策がされることが多いようです。

まず、おかしいのではないかと思った時に少しでも早く専門家に相談した方がよいと思います。「早く」というのが結構重要です。必ずしも警察はあてになりません。

川崎市の彩行政書士事務所でもお受けしていますが、必要に応じて各分野の専門家の紹介もいたします。

日常トラブルのほとんどは、当事者の協議で解決するものだと思います。内容証明郵便・示談書等を適切に使いましょう。

クーリングオフ内容証明郵便を使うのも万一のことを考えてです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.