財産分与

離婚による婚姻解消 – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 夫婦の財産

夫婦の財産は「自分のものは自分のもの」が基本ですから、離婚時に自分のものは自分で持っていけばよいわけですが、共同生活していた以上、共通の財産があるでしょう。

離婚の場合には「財産分与」として考えます。共通の財産についても、購入時・入手時に等しく出資していれば、分けることも難しくはないかもしれません。

夫婦が協力して得た財産の清算は、当事者双方がその協力によって得た財産の額その他一切の事情を考慮して額を定めるとしています。離婚協議では重要な問題です。

離婚協議は感情的にならないためにも、直接の話し合いは避けたほうがよいかもしれません。彩行政書士事務所が言い分・主張を聴取して、相手と通知書(提示案)のやりとりをすることもできます

また、夫婦とも職業を持ち、対等に収入がある場合(どちらの収入が多いとしても)、自分の収入の中から、共同生活費用を一定割合で支出している夫婦も多いようです。
この場合ですと、「専業主夫の財産をどのように算定し確保するか」という問題とはほとんど無縁です。

  • 夫婦の財産は「自分のものは自分のもの」が基本で、
  • 夫婦とも職業を持ち、双方が経済的に独立している(独立可能)ですと、
    離婚のハードルが低くなります。

どうしても離婚する事情があるなら、ハードルが低くなるのは良いことでしょうが、なるべくなら離婚を避けるべきとか、避けたいという人もいますから、ハードルが低いということは悩みの種となるかもしれません。

その場合は夫婦で協議する前に、専門家に相談するなど慎重に対処なさるとよいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です