不倫の後始末示談書

既婚者だとは知らなかった

嘘でした

結果的に不貞行為となったとしても、相手が既婚者だとは知らなければ、不倫の慰謝料請求はされないのではないかということがよくいわれます。また、既婚者なのに、自分は独身だと嘘を言って交際していたという人もいます。もうすぐ離婚すると言っていたというケースもあります。

「付き合った相手が既婚者だとは知らなかった」のだから、不倫の慰謝料を支払う必要はないという主張が認められるのかということですが、訴訟等では認められないことが多いようです。訴訟では証拠が重要です。どの程度の証拠があれば不貞行為が認定されるかがポイントです。

責任追及?

証拠がなくても、不倫交際(不貞行為)を認める人は結構大勢おられます。まじめな人なのでしょう。そういう人の数は、おそらく一般の方が想像するより多いと思います。

そういう場合に、その人の責任を徹底的に追求するのかどうかどうかをよくお考えください。「責任を徹底的に追求する」とは、つまり「できるかぎり高額な慰謝料を取る」という意味です。やり方によってはかなりの額を取れるようです。

  • なぜ不倫がいけないのか
  • なぜ不倫の慰謝料を取れるのか
  • 離婚するのかしないのか

というようなことを総合して考えてみてください。話を大きくしても、事を荒立ててもよいということであれば別ですが、そうでなければ示談をお考えください。示談にもいろいろあります。内容証明郵便を使わないこともあります。なるべく傷つく人が少ない方法・傷が浅くて済む方法を探すお手伝いができると思います。

ある程度までやってしまうと、もう後戻りはできませんから、行動は慎重になさってください。

不倫は違法か】のページもご参照ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください