内容証明

行政書士の起案

費用はかかります

内容証明郵便作成の業務を専門家として受けた場合、やはり最低料金というものがありますので、ご本人としてはその費用をかけてしまっては割に合わないということがあります。たとえば内容証明郵便作成に3万円かけて、相手から4万円を受け取っても、取り返せたのは結局1万円だけということになります。

相談だけ

ですから、内容証明郵便の内容について、専門家から相談・面談でアドバイスだけを受けて、ご自分で内容証明郵便を送付する人がおられます。行政書士としては、アドバイスはするものの、ご本人のすることを止めるわけにもいきませんから、それ以上どうしようもありません。

こちらとしては事情をうかがって、もっともご本人の主張したい箇所にたどり着くように起案したいと努めています。ご自分で作成するという場合は客観的にはあまり重要でない事項をどうしても書きたくなることがあります。

ご本人の作成したその内容証明郵便で解決すればよいのですが、

「論点が違うのではないかなあ」

「その後、相手とのやり取りで不利にならなければよいなぁ」

と感じることがあります。

言いたいことと、言うべきことは異なるかも

当事者(本人)ですと、自分のもっとも不満に思っている点と、客観的に主張すべき点がずれてしまうことがあります。そういう場合こそ専門家が起案・代理作成をするとよいと思います。最終的には内容をご本人に確認してもらいますから、本人が納得いかないまま内容証明を発送することはありません。どうしてもこう書いてもらいたいというご希望があれば、明らかに違法・不当でないかぎり、そのように作成します。

とにかくできる限りのことを

たとえ費用的に赤字になっても、できるだけのことをした方が納得できるということもあるでしょう。

証拠が不十分な場合など、弁護士事務所で引き受けてもらえない事案でも、こちらではご希望さえあればできるだけのことはしてみます。行政書士には成功報酬というものはないので、一定額でやれるだけのことはやってみます。

専門家が内容証明を書けば、すべてうまく解決するとは限りません。かならず相手方がいるのであり、相手次第でたとえ警察でも、裁判でもどうにもならないという事案はたくさんあります。精一杯の努力はしますがご理解ください。

相手によります

「事案による」とよく言われますが、事案よりも実は「相手による」といったほうがよいかもしれません。相手も善良・誠実な人であれば、たいていは話がまとまります。

相手が善良・誠実でないのに、自分だけ善良・誠実になってしまうと、とんでもない目に遭うかもしれませんのでご注意ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください