内容証明印鑑・印鑑証明

内容証明郵便には押印するのか

ハンコ(印鑑・押印)の効力

大切な書面には押印するのが一般的でしょう。法的効力の問題もありますし、慣習・常識を考えて押している場合もあります。身分確認では次第にハンコの働きが弱くなっているかもしれません。ハンコの偽造はもしかすると偽造の中でも初歩的なのかもしれません。

 

だからなのかどうかわかりませんが、相続のときに、他の相続人に印鑑証明書を渡さないでほしいという依頼は結構あります。

実印と印鑑登録証明書が揃うと、確かに「本人が自分の意思でやっていること」と認められることが多いので、実印の印影は偽造し、印鑑登録証明書はだまし取る(他の理由で渡したものを「使い回す」)のではないかと心配なさる方が少なくありません。

 

理屈の上ではそうかもしれませんが、「偽造しよう、だまし取ろう」と考える段階から、実際に偽造や詐取の実行に至るまでにはかなり高いハードルがありそうです。

日頃、悪事に慣れていないと、急に悪いことはできないでしょう。悪事をやり慣れている人にとっては簡単なのかもしれません。あなたが、今、協議や契約をしようとしている人がそういう人なのかどうか考えてみてください。(そんなことをする人はいない、と言いたいのではありません。実際にはいます。)

内容証明と遺言書

一通の遺言書が何枚にもなるときは、前ページと後ページにまたがって契印(よく「割印」とよばれますが、正式には違います)をする必要はありませんが、一通の内容証明郵便が何枚にもなるときには契印が必要です。

遺言書には氏名とともに印(押印)が必要ですが、内容証明郵便の場合は氏名の後などに印を押す必要はありません。

結局、私は遺言書(自筆証書遺言)でも内容証明郵便でも、ページにまたがって押印し、氏名のあとにも押印しています。そのほうが、「印がないからこの書面は無効だ。」などといわれることが防止できるからで、その結果、物事がスムーズに進むと思うからです。だからといって、原則を忘れないように気をつけましょう。

 

一般に、「規則どおりだから、これでいい。」という場合と、「規則にはないが、多くの人がやっているようにやっておこう。(ただし、法的要件は整えてある。)」という場合があると思います。日常生活では、後者のほうが無難でしょう。

内容証明郵便への押印

内容証明に使う印鑑は実印である必要はありません。そもそも差出人として書かれている人が本当に送付してるかどうかも確認しないくらいですから、実印である必要はありません。押印は任意というか慣習でしょう。

しかし、しっかりとしたハンコで押印しておくと、「どうしても知らせておく。」「誠実に話し合おう。」という差出人の気持ちが伝わるような気がします。押印は任意とはいえ、やはり押しておくことをお勧めします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください