事実証明賃貸住宅

入居時と退去時

新築の家でさえ、完成時には何か不備があります。穴が開いている、扉が閉まらない、キズがある、というようなことはよくあります。住居を賃借する場合は、地震や火事の際に命が危険なようでは困りますが、普通は構造上の欠陥など気になりません。

入居時に既に付いているキズ・汚れはチェックしておかなければなりませんが、どの程度のキズが問題になるのかはよくわかりません。レンタカーを借りるときにも、乗車前にチェックしますが、細かなキズまで気にしはじめるときりがありません。

普通は、乗車時にチェックしなかったようなキズは、返還時にも気にしませんが、トラブルがないとも限りません。その点は、ある程度有名なレンタカー会社や誠実な会社であれば、トラブルになることはないでしょう。

しかし賃貸住宅となると、必ずしもそうは言えません。仲介してくれる会社が有名でも、契約相手は所有者で、その仲介会社は明け渡しには関係ないことが多いのです。退去時に、仲介会社が賃借人の味方をしてくれのではないかと期待しない方がよいでしょう。

入居時にキズ等がないと認めた上で契約しているなら、退去時に付いているキズ・汚れは、入居者が付けたことになるでしょう。心配でしたら、入居時に撮影などして、契約相手に通知しておきましょう。事実証明書類として作成することもできます。

入居時に状態をきちんと確認するのは、借りる方・貸す方双方にとって重要なことです。物件の確認と、賃貸借契約書の確認をきちんとしましょう。退去時の確認が大切なことはよく知られています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください