内容証明

損害賠償請求

いつどうやって請求するか

損害賠償請求については、重要なことがたくさんあります。

損害賠償請求できるのですから、債権者なら内容証明郵便を使ったりしなくても、直接、支払ってもらいに行っても差し支えありません。

むやみに、しつこく取り立てに行くのは論外ですが、たとえば、朝8時からよる9時に電話をしたり、きちんと予告をして会いに行くのは違法でもなんでもありません。

しかし、就業時間中の勤務先などは、仕事に差し支えるかもしれませんので、相手(債務者)から断られれば電話や面会もやめておきましょう。

こういう場合は、内容証明郵便できちんと説明し、請求することが大切だと思います。なぜ、損害賠償請求するのかという理由をはっきりさせましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください