内容証明

内容証明の縦と横

文章が縦書きか横書きかということではなく、用紙を縦に使うか横に使うかということについてです。

内容証明郵便は用紙を1行26字・1ページ20行で書くか、1行20字・1ページ26行で書く場合が多いようです。
総字数は同じですから、どちらでも同じかというとそうでもありません。

たとえば、住所とか肩書きが長い場合は1行20文字ですと、住所・肩書き・氏名で何行にもなってしまうことがあります。

その場合、26字を使うと住所は1行におさめて、肩書きと氏名も1行におさまるかもしれません。たった6文字の違いですが、6文字分のメリットを活かせることがあります。

ほとんどの人が、A4サイズの用紙を縦に使いますが、横長に使う方法も便利なことがあります。
逆に、1行20字のメリットもあります。

用紙が縦でも横でも同じことが多いのですが、場合によっては印象も料金も異なることがあります。

私としては印象を大切にしてます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください