内容証明

内容証明郵便の日付を書き忘れた

まずは下書き

内容証明郵便を送るとなると、「サッと書いて、サッと発送」する人はあまりいないでしょう。まず下書きをして、内容を読み直し、そして最適な時期をみはからって郵便局へ持っていくと思います。

下書きの日付は、たとえば「平成27年9月 日」としておいて、あとでプリントする前に日付だけ記入するつもりで、空けておくことがあります。
発送する前になると、慌ただしかったりしますので、その日付を入れ忘れることがあるかもしれません。

日付を書き忘れた

日付を書き忘れた場合、結論から言いますと、これは支障ありません。
内容証明郵便は、郵便局で日付の入った印を押しますから、自分で日付を記入していなくても問題はありません。

ここから話はそれますが、江戸時代などですと、離縁状に離婚(離縁)の日を書かないこともよくありました。年号だけ記載することもありますし、年号と月を書くこともあります。
昔は、日付まではあまり厳密でなかったのかもしれません。

  • 「天保13寅9月」とか
  • 「天保13寅9月日」

という具合でしょう。
日付を書かないなら、「9月」だけでよさそうなところ、わざわざ「9月日」にすることもあるのですね。

今でも、場合によって

  • 「平成27年9月吉日」はあるでしょうし、小説のあとがきなどには
  • 「平成27年9月、星空の美しい晩(に)」というのもありそうです。

ここでは関係ありませんが、ついでに付け加えておきますと、日付を「9月吉日」のようにすると、遺言書は無効になると思っていたほうがよいでしょう。

内容証明郵便で相手に通知する内容が「良い知らせ」のこともあるかもしれません。その場合は「9月吉日」でも大丈夫です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください