謝罪文

謝罪文

謝罪文

詫び状です。「謝罪書」とはいわないかもしれません。謝罪させる、謝らせるものです。

本人にどのような非があるのかをはっきり認識させるにはよいかもしれませんが、文章がうまくないから気持ちが伝わらないとか、どのように悪いのかがやっぱりわかっていないからうまく書けないということがあるかもしれません。それを受け取った人は、一層イライラするでしょう。

結局、自分の過ちなどを認識させるために損害賠償請求慰謝料請求するしかない場合もあるでしょう。どういうように悪かったのかわからないのであれば、金額でその程度を感じていただくしかないとも考えられます。

金銭による賠償とはいっても、人によって、状況によって、慰謝料請求額・慰謝料支払額はさまざまです。一般的な金額・平均額というのがよく話題になりますが、これにあまりとらわれていると、問題の解決が一層難しくなるかもしれません。問題が複雑化することは、大抵の場合、当事者双方にとって苦痛が増すと思われます。

謝罪文もただ謝ればよいのではなく、何が問題で、何がどう悪かったのかを客観的に述べることが大切です。謝罪する気持ちは十分にあっても、うまく書けないという人は多いと思います。また、謝りすぎる必要もありませんので、彩行政書士事務所では、そのようなご相談もお受けしています。

謝罪文 不倫 川崎市

不倫・内容証明誓約書

彩行政書士事務所は内容証明郵便の業務を多く行なっていますが、これに関連して、さまざまな相談業務、調査や書面作成業務が生じます。示談書合意書誓約書・詫び状・謝罪文作成相談など、事案によってさまざまです。

トラブルが避けられるように、問題を大きくしないように、当事者の協議で円満解決するようお手伝いしています。

謝罪文の行政書士

上にも書きましたが、謝罪文とかお詫び状は、「何がどう悪かったのか」がわからないと書けません。そのような事情をうかがって、整理することから始めなければなりません。

まずメールをいただくと、簡単な印象・アドバイスを返信いたします。必要があれば再度のご連絡をいただけば、メールでの返信か面談日の設定相談となります。就業後の午後7時とか8時、土曜・日曜・祝日にもできるかぎり対応しています。

お電話いただいた場合は、概略をうかがって、一般的なことや簡単なアドバイスで済めば相談料金・報酬は発生しません。

業務として書面を作成する場合、たいていは面談とメールを併用しています。場合によってはメールや郵便だけで終了することもあります。ほとんどは全国対応も可能です。

彩行政書士事務所は、東急東横線とJR南武線の交差する武蔵小杉、武蔵小杉の隣の元住吉で面談しています。出張もいたしますから、お子さんのいる方、外出が困難な方の場合にはご利用ください。

まず、お電話・メールでご連絡ください。
電話で、簡単にお答えできることや、ごく一般的なアドバイスでしたら、相談料金は発生しません。問題が複雑化しないうちにご相談ください。

不倫 謝罪文 川崎

謝罪文” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です