内容証明

遺留分を請求しない人も多い – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 遺留分

遺留分に満たない額しか相続できなかった相続人は遺留分権があるといってよいと思います。相続人のうち、誰にどれだけの遺留分権があるかは戸籍をみればわかります。

遺留分減殺請求は、内容証明郵便等で確実に意思表示すればよいので、比較的容易な手続きです。

遺留分減殺請求をしてから、実際に遺留分を手に入れるということになると、とたんに難しくなるケースが多いので、これは専門家にご相談いただいた方がよいでしょう。

遺言書が簡略すぎて著しい不公平などがあると、遺留分減殺請求の問題が生じます。

しかし、上にも書きましたように、遺留分減殺請求後の具体的手続きが難しいために、遺留分減殺請求をしない、あるいは「あきらめる」相続人も多いようです。

遺留分減殺請求は、正当な権利行使ですが、これを阻む要素がたくさんあるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.