内容証明

協議と示談が現実的 – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 示談

「人間は生きている限り苦労がある」というのは私の祖父の言葉ですが、「ひとりで生きているのでない限り、問題は生じる」というのも付け加えておきたいと思います。

「問題」にもよりますが、子供の喧嘩レベルのものから、最高裁で争う事件までさまざまです。しかし、多くのものが、当事者の話し合い、大人の話し合いで解決するものです。「合意・和解・示談」などです。

自分たちの話し合いで解決しないとか、そもそも仲が悪くなって自分たちで話し合う気がないとなると、裁判所に判断してもらうことになります。しかし、裁判・訴訟は容易ではありません。

  • 時間:何か月もかかるものがほとんどでしょう。しかし裁判所を利用する方法はいろいろあります。
  • 気力:面倒になって途中で妥協してしまう人がいます。それなら初めから協議をすれば簡単です。
  • 費用:いくらの価値のあるものについて争っているのかによって費用は違いますが、裁判所を利用する費用はかなり安いです。高いのは弁護士費用でしょう。本人が訴訟をすることも可能ですが、かなり大変だと思います。鑑定等が必要になれば、これもかなりの費用がかかります。

最初は怒りのあまり弁護士に依頼して訴訟を起こしてもらい、その後、次第に嫌になって和解するのは、非常にもったいないです。費用的にもかなり損だと思います。

損(問題になっている金額よりも、訴訟等にかかる費用の方が高い)を承知で訴訟することもあるでしょう。それは私は良いと思います。弁護士さんに依頼してきちんと筋を通してもらいましょう。

費用との差額を考えますと、示談書合意書・協議書を作る(我慢するところは我慢する)のが現実的だと思います。
協議に入る前に、内容証明郵便で、自分の主張をきちんと伝えるのも良い方法だと思います。内容証明郵便を送付するのは宣戦布告だという人もいますが、必ずしもそうではありません。冷静な判断と主張には書面が適しているのです。しかし、むやみに送れば逆効果であることは間違いありません。

自分が協議をして円満解決したいのに、相手がどうしても訴訟を望むのであれば、仕方がありません。それでは冷静な話し合いを望む方は交通事故の「もらい事故」と同様、本当に困ったことになります。お互いに大変な苦労が始まることになると思います。

行政書士が、本人に代わって示談交渉をすることはありませんが、大人の客観的な判断で協議しながら示談へと進むのは難しいことではないでしょう。問題は、感情的な点です。

行政書士が協議に立ち会って、書記役を務め、示談書作成のお手伝いはできると思います。たいていは1回の協議で、示談が成立することはないようです。

気軽に連絡を取り合えるように、川崎市中原区の彩行政書士事務所は、中原区をはじめ、幸区・高津区・港北区にお住まいの方やお勤めの方、武蔵小杉駅・元住吉駅・武蔵中原駅・溝の口駅、東横線・南武線をご利用の方にご利用いただきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.