内容証明

内容証明の訂正 – memoLog – 【内容証明・慰謝料・相続・遺言】 川崎市 中原区 彩行政書士事務所

Tag: 内容証明

内容証明郵便を手書きする人は少ないので、訂正方法を知る必要はほとんどないかもしれません。
しかし、郵便窓口で何か不都合がみつかり、持ち帰って印刷し直す時間がなければ、その場で訂正するしかありません。
郵便窓口で担当者が教えてくれることもありますが、それを完全に当てにするわけにもいきません。

訂正方法

簡潔に書きます。

  • 削除・訂正の箇所に二本線を引き、元の文字が判別できるようにしておく。
  • 訂正して正しく書き加える文字を、横書きなら元の文字の右側、縦書きなら上側に書く。
  • 文字を挿入する場合も、横書きなら右側、縦書きなら上側に、挿入位置を指定して書く。
  • 字句の削除・訂正・挿入をした場合、縦書きなら同じ行の上欄か下欄、横書きなら右欄か左欄の余白に「△行目△字削除」「△行目△字訂正」「△行目△字挿入のように書き、押印する。


訂正した内容証明を送るのか

正しく訂正したならそれでよいのですが、見栄えが良くないかもしれません。せっかくの内容証明郵便ですから、できるだけ持ち帰ってプリントし直した方がよいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.